PCサイト  | スマホサイトへ

コーチング通信講座 プロコーチ養成なら 日本コーチング教育振興協会

一般社団法人 日本コーチング教育振興協会

企業様向けサービス

コーチングの導入は企業活動の推進に大きなメリットをもたらすものです。

上司が部下に対して健全で適切なコーチングを行うと、ひとりひとりが意欲的になり、みずから会社のために考えて行動を起こし、自律的な改善を続けていくようになるのです。
また、たとえシンプルなものであっても社員同士が相互にコーチングを行うことができると、チームワークは大きく改善され、自律とモチベーションが飛躍的に高まります。そしてそれは収益体質の強化に直結していきます。

当協会では企業様へのコーチング導入支援を3つの軸で行っています。

管理職向けコーチング研修

管理職は企業活動の成功を左右するカギとなる存在です。
管理職が部下を効果的に育成しながらその力を最大限に引き出すことができ、
よいチームワークを築くことができれば、社員は会社を愛するようになります。
その結果、顧客に喜ばれる仕事をするようになるので業績は格段にアップし、
会社は長期的な繁栄を享受することができるでしょう。
しかしながら、管理職の多くはどうすればそのような上司になれるのかよくわからないというのが多くの企業における実情です。

健全なコーチングを学び、習得することは、この問題を解決するための非常に強力なツールとなります。
当協会のコーチング習得プログラムは単なるコーチングスキルの習得にとどまるものではなく、部下をどのように見るのか、どのような関係性を築くのか、コーチング以外にもどのような方法で部下を支援すればよいのか、といったことについても理解できる総合的なものになっています。
管理職向けコーチング研修の実施を心からお勧めいたします。

社内コーチ養成研修

管理職にコーチングを学ばせてみたが、どうすればいいのかわからない時がある、なかなか部下のパフォーマンスを引き出せない、という声があります。

原因は様々ですが、本質的な理解がされる前に表面的なスキルを身につけようとした結果であったり、学んではみたものの記憶が薄れ、また旧来の関わり方に戻ってしまったということが多いように思われます。

このような状況を打開するのが、社内コーチの養成です。
全体のコーチング研修だけでは変化が定着する率はどうしても低くなりますが、会社の内部にコーチングをより深く理解し実践できる方々を置くことで、変化への力はより継続的かつ効果的なものとなります。
また、一定期間継続的にコーチングを学び、自身もコーチングを受け続けることによってコーチングをしっかりと身につけた人々が社内に増えることは、人材の養成が社内で継続的になされる環境を整えることでもあります。

人材を通常業務の中で効果的に養成するため、組織風土の変化を確実で継続的なものとするために、社内コーチの養成研修をお勧めいたします。

組織風土改善プログラム

多くの企業が組織風土の改善が必要であるとの認識を持ち努力を重ねています。
組織風土は、その組織が持っている価値観、特に人間観によって決まります。
人をどう見ているかが関わり方と雰囲気に表われてしまうのです。そしてそれは、従業員の業務の質を左右するほどの影響力となります。

コーチングという関わり方は人間に対する肯定的な見方に基づいています。
それゆえ上司と部下、また従業員同士の関係に大きな変化をもたらします。

コーチングを深く理解し、本当のコーチング関係を導入すると、互いへの新しい見方が根付きます。その結果、それぞれの責任感は強化され、自尊心は充足し、真のチームワークがもたらされるのです。これは組織内の文化と業績を大きく変える力となります。組織風土の積極的な変化は業績向上の土台です。

組織風土改善プログラムは、コーチング関係導入セミナー、コーチングスキル研修を組み合わせて行われます。

◆ コーチング関係導入セミナー(1日)
◆ コーチング基本スキル研修(2日)

その他にも各種セミナーや研修をご提供していますので、お気軽にお問い合わせ下さい。  

TOPへ

トップへ